06
1
3
4
7
8
9
10
11
13
15
17
18
20
22
24
25
26
27
28
29
30
   

★中欧旅行★~ザッハトルテ食べ比べ~

ウイーンでは観光も楽しみましたが、もうひとつ、お楽しみが♪

ウィーンで絶対食べようと思っていたもの・・・
それはウイーン発祥のスイーツ、「ザッハトルテ」です!

ガイドブックによると、このザッハトルテをめぐって「ザッハー」と「デーメル」」の間で7年間にわたる裁判があったそうです。
その内容とは・・・
ザッハトルテはもともとフランツザッハーという人が考案したもの。ところがザッハーの息子とデーメルの娘が結婚したことにより秘伝のレシピがデーメルに伝わり、デーメルでもザッハートルテを作るようになった。怒ったザッハーはオリジナルの商標権を得るために裁判に持ち込んだ。長い争いの末、オリジナルの商標はザッハーが獲得。しかしそれぞれが独自のザッハートルテを作ってよいことになった。

以上をふまえ、せっかくなので「ザッハー」と「デーメル」両方のザッハトルテを食べて比べてみることに。
付き合ってくれた相方さんには感謝です。
(そのかわりにプラハではビールツアーに連れられましたが(笑))。


まずは「ザッハー」へ。
IMG_0405-s.jpg

ホテルザッハー」内のカフェで、高級感あります~。

IMG_0414-s.jpg

お店の中央にケーキが並んでいました。

IMG_0419-s.jpg
ザッハー 「ザッハトルテ」
アプリコットジャムがスポンジの間にサンドされています。
スポンジは固めの食感。
思ったより甘くなくて、アプリコットジャムがチョコの甘さと合います。
添えてある無糖の生クリームと一緒にいただくと至福の美味しさ。


IMG_0413-s.jpg
ウィーンらしいドリンクもオーダー。
手前は「アインシュペナー」。日本でいう「ウインナーコーヒー」です。
奥はオレンジリキュール入りの「マリアテレジア」。



続いて、「デーメル」へ。
IMG_0445-s.jpg

チョコレートなどのお菓子がたくさん売っていました。
シュトーレンやクグロフもありました。

IMG_0434-s.jpg
ケーキのショーケース。
大きめサイズでした。

IMG_0436-s.jpg
デーメル 「ザッハトルテ」
こちらはアプリコットジャムはサンドされてなくて、表面のスポンジとチョコの間に塗ってあるようです。
スポンジはやわらかめ。
日本のチョコケーキに近い味に思います。
そして甘党の私も甘~い!と感じるくらい甘みが強く、アプリコットジャムの味もあまり感じられなかったかな?

IMG_0441-s.jpg
別添えで生クリームがたっぷりついてきました♪


食べ比べた結果、私も相方さんも「ザッハー」に軍配。
どちらも違った味わいで食べ比べをした甲斐がありました。


関連記事
スポンサーサイト



スポンサーサイト

プロフィール

なっつ

Author:なっつ
スイーツとパンが大好き♪
覚書き程度にやっている
お気楽ブログです。
のんびり屋なので記事は
タイムリーではないです・・・
ゴメンナサイm(__)m

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

カテゴリ

損したくない助成金・給付金